TOPへ
お問い合わせ

協会紹介 鉄筋継手とは NEWS 資格試験・技量検定 認定 会員 刊行物案内
認定制度料金表

1.優良圧接会社認定料金
                             (単位:円)
    種別
新規
更新
申請料 51,400 51,400
審査料 154,200 102,800
認定料 51,400 51,400
※申請料、審査料は、申請時点で支払い、認定に至らない場合でも返却いたしません。
※認定料は、認定の通知が届いた時点で支払う。
※審査料について、申請者の事由により審査を担当する委員の増員等の費用が発生した
 場合、申請者負担とする。

2.A級継手圧接施工会社・A級継手天然ガス圧接施工会社認定料金(新規・更新共通)
                      (単位:円)
種別 新規 更新
申請料 30,800 30,800
審査料
認定料
※ 優良圧接会社の更新認定申請と同時に当該認定の更新申請を行う場合は、「更新」を適用します。
   その場合、「更新」料金の他に、別途、優良圧接会社の更新料金がかかります。

3.JRJI鉄筋溶接施工会社認定料金
                      (単位:円)
種別
新規
更新
申請・審査料
認定料
51,400
51,400
※申請料、審査料は、申請時点で支払い、認定に至らない場合でも返却いたしません。

4.優良A級継手溶接会社認定料金
                
       (単位:円)
種別
新規
更新
申請料 51,400 51,400
審査料 154,200※2 102,800
認定料 51,400 51,400
追加審査料※1
102,800
-
※1:新規認定された場合は、現地審査実施の1年を経過した後に、実績を
   要する審査内容について審査を実施するため、追加審査料を適用します。
※2:継手性能確認実験等(立会費を含む)の費用は、別途、申請者負担とします。

※申請料、審査料は、申請時点で支払い、認定に至らない場合でも返却いたしません。
※認定料は、認定の通知が届いた時点で支払いとなります。
※審査料について、申請者の事由により審査を担当する委員の増員等の費用が発生した
 場合、申請者負担となります。

5.優良鉄筋継手部検査会社認定料金   
                      (単位:円)
種別
新規
更新
申請料 51,400 51,400
審査料 154,200 102,800
認定料 51,400 51,400
※申請料、審査料は、申請時点で支払い、認定に至らない場合でも返却いたしません。
※認定料は、認定の通知が届いた時点で支払う。
※審査料について、申請者の事由により審査を担当する委員の増員等の費用が発生した場合、申請者負担とする。

6.登録鉄筋継手部検査会社認定料金        
                      (単位:円)
種別
新規
更新
申請・審査料
認定料
51,400
51,400
※申請料、審査料は、申請時点で支払い、認定に至らない場合でも返却いたしません。


7.1(新規申請)機器技術等認定料金    (単位:円)
機器技術及び
工法等認定※4
新規 ※1
30万円未満
の場合
30万円以上
100万円未満
の場合
100万円
以上の場合
申請料 51,400 51,400 51,400
審査料※2 205,700 514,200 822,800
認定料※3 51,400 51,400 51,400

7.2(更新申請)機器技術及び工法等認定料金   (単位:円)
機器技術及び
工法等認定
更新 ※1
30万円未満
の場合
30万円以上
100万円未満
の場合
100万円
以上の場合
申請料 51,400 51,400 51,400
審査料※2 74,800 174,800 277,700
認定料※3 51,400 51,400 51,400
※1:審査料は、認定する機器技術等の一般市場(販売等)価格によって異なります。
※2:審査において、実験費用等が発生した場合には、別途、申請者負担となります。
※3:共同申請の場合、申請者2者目以降については、認定料の1/2額を支払うこととなります。
※4:その他 
   ・申請料及び審査料は、申請と同時に支払い、認定に至らない場合でも返却はいたしません。
   ・認定料は、認定通知が届いた時点での支払いとなります。

8.優良溶接せん断補強筋製造会社認定料金 (単位:円)
 種別 新規 更新
申請料  51,400   51,400 
審査料  154,200   102,800 
追加審査料※1
102,800
102,800
認定料  51,400   51,400 
※1:2評価目から1評価ごとに加算
※申請料・審査料は、申請時点で支払い、認定に至らない場合でも返却いたしません。
※認定料は、認定の通知が届いた時点で支払う。
※審査料について、申請者の事由により調査を担当する委員の増員等の費用が発生した場合、申請者の負担とする。

9.認定書再発行事務手数料
          (単位:円)
認定書再発行 \10,000
PDF 認定書再発行申請書